小津中学校

泉大津市立 小津中学校の公式ホームページです。

TEL.0725-22-6501

大阪府泉大津市助松町2-13-1

ソフトテニス部
ソフトテニス部の記事を表示します。(このページは小津中生徒・保護者限定ページです)

ソフトテニス部 (ログインしてからご覧ください)

フレンドシップ大会

4月1日、泉南地区で開催されているフレンドシップ大会(団体戦)に参加してきました。

(主催:尾崎中学校、会場:りんくう中央公園テニスコート)

泉南地区の尾崎中学校(男子)、山直中学校、佐野中学校、久米田中学校、鳥取東中学校、貝掛中学校、田尻中学校のほか、泉北地区からは東陽中学校、和泉中学校、郷荘中学校、そして小津中学校が参戦しました。

前半はリーグ予選、後半は予選の結果から1位リーグ、2位トーナメント、3位トーナメントと分かれての試合。小津は貝掛と佐野Bに勝ち1位リーグへ参加。

【団体戦結果】

●予選リーグ(2勝0敗)

小津3-0佐野B

小津2-1貝掛

●1位リーグ(2勝2敗)

小津2-1尾崎B

小津1-2郷荘

小津2-1和泉A

小津1-2東陽A

優勝は3勝した東陽Aチーム、小津を含む3校(尾崎B、和泉)が2勝で同着でしたが、対戦結果の関係で小津が準優勝でした。

また、後半の部で急きょ小津Bチームを参加させて頂くことができ、3位トーナメントで準優勝と善戦しました。

結果を見ると、「準優勝」を頂けたのですが、今回も課題の多い大会となりました。特に精神面での課題が多かった。プレッシャーに弱いんですよね。対戦相手、ゲームの流れ、後ろからの声援やアドバイス、試合中ではいろいろなものがプレッシャーになり得ます。中でも、「自分たちがリードしている」ときが弱い。そのポイントを取らなければというプレッシャー、先攻しているという油断、ミスしたくないがゆえの消極的なプレー、これらですね。

まあ、良く見ればゲームの入り方が良くなった(先にリードできるようになった)からこその課題とも言えます。これらの課題を意識しながら練習に取り組み、新3年生が最後の試合で咲くことができるよう、頑張りましょう。そしてしんどいときこそ、声を出そう。

三市一町春季大会(個人)

三市一町の春季大会、個人の部がありました。会場は和泉中学校。

小津は7ペアが参加しました。結果の方は…

1ペアがベスト8、その他は初戦及び2回戦負けでした。ここしばらく、勝てるようになってきただけに、芳しくはない結果ですね。そして、試合の内容も決して良いとは言えない。

ミーティングで話した通り、結果もそうですが、試合当日を迎えるまでのチームの雰囲気作りがどうであったか。

試合を意識して練習・行動ができたか、です。声出しひとつにしても、試合前にも関わらず、ずっと言われ続けていました。他の学校も同じような時間で同じように練習しているのですから、どこで差がつくのか、考えるべきです。

今回は個人戦。幸いなことに、団体戦がまだ残っています。ここで結果を出せるよう、1、2年生ともに頑張っていきましょう。

 

南河内・泉北地区選抜練習試合

臨海スポーツセンターにて、南河内・泉北地区選抜練習試合が行われました。

泉北地区の選抜選手と、南河内の選抜選手の交流試合です。

小津は本来、泉北選抜には含まれていませんが、欠員補充の形で1ペアを参加

させていただきました。

正直、泉北選抜と南河内の選抜を比べると向こうの方が全体的に上手です。

なので、普段できない相手と、普段と違う空気で試合をすることができました。

3ゲームマッチの、通常より短い試合形式でしたが、南河内の選手とたくさん

試合ができました。実力も出せていたようすで、善戦していました。

得られたものも多かったはず。

出場した2人も頑張りましたが、見学のみで1日頑張ったその他のメンバーも

お疲れ様。途中で集中切れてしまった人もいましたが、思いの外、頑張った。

提出した「報告シート」も、チーム内で共有できるようにしよう。

報告シートにはいろいろ書いてありましたが、最終的には

★日々の練習への取り組み方(自信&後悔しない前向きな気持ちがもてる)

★実力を発揮するための努力(ウォーミングアップ、気持ちの持ち方)

★声・礼儀・感謝の気持ち(実力に関わらず持つべきもの、選抜に来るような子

はみんな出来ていましたね)

これらに行き着くはずです。

チームとして強くなれるように!意識の高い集団であれ!

選抜練習会/リバーサイドカップ

本日は、貝塚第一中学校にて、泉北地区選抜練習会および

リバーサイドカップに参加してきました。

選抜練習会には1番手のペアが参加、残りは団体戦です。

非常に寒い日でした。ウォーミングアップの意識の差が、

試合で実力を出せるか出せないかの差、でしたね。

「次何をすべきか」の判断力、まわりの学校に比べると

悔しいですが小津はまだまだです。

プレーにしても、試合外の行動にしても。

そこが、勝つチームと勝てないチームの差なのでしょうね。

君たちには、勝つチーム、勝つに相応しいチームを目指してもらいたい。

そう感じた一日でした。

いろいろな意味で、意識の高いチームをつくっていきましょう。

三市一町インドア大会 結果

1月20日(土)に三市一町インドア大会の個人戦が、21日(日)に団体戦が行われました。

結果の方は…(・ω・´;)

 

個人戦は、キャプテンのペアがベスト4、ベスト16にもう1ペア、

団体戦は準優勝でした。前回の公式戦(夏終わりの新人戦)と比べると、よく頑張りましたね。

個人としても、チームとしても、少し実力がついてきた結果かなと思いますが、

こうして試合が終わってみるとまだまだなところはたくさんありました。

試合中の駆け引きにしても、技術にしても、試合後の練習への姿勢についても…

 

ただ、試合前にチームに言ったのは「結果を意識するのではなく、悔いの残らぬ戦いをせよ」でした。

試合を見ていて(特に終盤の)、いい顔をしてテニスをできていると感じたので、

この言いつけは意識してくれたのかな、と思っています。

それに、発想を変えれば、まだまだ伸び代があるということ。今回準優勝やベスト4止まりだったのも、

「まだまだ上を目指していくステップの途中なんだ!」と考えられるならば、とっても価値ある結果です。

自覚自分や自分たちのチームに何が足りないのか、そしてどんなチームでありたいのか

しっかりと考え春の公式戦に向けて努力を重ねましょう!!

練習試合(1.13 槇尾中学校)

槇尾中学校にて、練習試合が行われました。

参加校は、

槇尾中学校、長尾中学校、忠岡中学校、光明台中学校、

久米田中学校、小津中学校の6校です。

Aチーム、Bチームに分かれての練習試合となりました。

寒い中でのゲームでした。ウォーミングアップの大切さがわかる

1日だったのではないでしょうか。

冬季の試合では(練習もですが)、打つ前のウォーミングアップ

一番大事だと考えています。いかに体温を上げられるか、

いかに心拍数を上げられるかがカギです。

来週に迫った三市一町インドア大会も寒い中での試合となります。

当日、しっかりとウォーミングアップして、どれだけ自分の動きを戻せるか。

そんな意識をしましょう。

忠岡連盟杯 結果

新年明けましておめでとうございます。

2学期は諸事情でなかなか更新できていませんでしたが、再開していきます。

 

本日は、忠岡連盟杯(個人戦、会場:新浜コート)の続きがありました。

この試合、10月28日に雨で中断・延期になっていたものです。

今日も雨が降っていてどうなるかと思いましたが、決行できました。

さて結果の方は…

キャプテンのペアが、見事に優勝!でした。おめでとう!

私としても、こんな大きな優勝杯をいただけるのは初めてです。

他のペアも、10月28日の時点で敗退していますが、すべて1回戦は突破できました。

 

実は2学期末あたりから、チームとしても徐々に勝つようになってきていました。

(堺西高杯、泉北連盟杯、練習試合 etc.)

努力が現れたかな、とも思えます。

しかし、それで調子に乗るようなチームであってほしくはない。

大事なのは、決して驕らぬ(思い上がらない)姿勢

常にチャレンジャーとして試合に臨む姿勢

勝ったとしても、それは自分たちの思うように戦えたのかどうか、顧みる姿勢

そして勝ちたいならば、勝つにふさわしい選手・チームであること、あろうとすること

これらを忘れずに、新年心新たに頑張っていきましょう。

まずは、20、21日の三市一町インドア大会を目指して。

 

三市一町新人戦(個人戦)

本日26日は、三市一町の新人大会(個人)でした。会場は我らが小津中学校。

各学校8ペアまで出場できるので、小津からは2年6ペア1年2ペアをすべて投入です。夏休み最後の試合であり、部員たちの夏休みの成果が問われる試合でした。

結果は、ベスト16に2ペア、ベスト32に1ペア。なかなか勝てませんね。

さて、最近は「ペアでテーマを決めて試合に臨む」ことを言っています。この試合はどう攻めるか、何をねらっていくか等、二人で意思の共有をして戦って欲しい。

「作戦通り、ねらい通りに打って決める」こと、そこに楽しさがある。そこがテニスの醍醐味と思っています。そのためには、自分が何をしたいのかをしっかり相棒に伝えておかなければならないし、相棒が何をしたいのか自分も理解しておくのが大事です。ダブルスが基本のこの種目は、意思の疎通ができる人間が伸びていくと思います。もちろん今のペアは変わるかもしれない、でも「ペアでテーマを決めて試合に臨むこと」を全員が日頃から心がけていれば相棒が変わってもやっていけるはずです。

なかなか勝てない話に戻りますが、勝てない人の中にも”試合中に何がしたいのかがこちらに伝わってくる”ペアと”何がしたいのか分からない”ペアがいます(これは小津に限らず、です)。どちらが今後伸びそうか、わかりますね?そして伸びない方は上記の「意思の共有」ができていないと思うんですね。相棒が何がしたいのか分からないと、そのペアはなかなか方向性を出せません。伸びたければ、訓練をしましょう。

明日は槇尾中学校にて合同練習&練習試合です。せっかく行くのだから、いろいろ得ましょう。得ようとして見たり聞いたりやってみたりする人は、実りが多いはず。それを3日の団体戦に活かしましょう。

三市一町ジュニア大会

5日には、三市一町ジュニア大会(会場:槇尾中学校)がありました。

個人戦で、小津からは2年生5ペアが出場しました。

新チームになってからの初めての公式戦です。公式戦なので勝つことも

大事ですが、普段の自分のプレーができるかどうかの話をして試合に

向かわせました。

結果は、初戦は全ペアが突破し、2ペアはベスト16に入りました。

ケガ等の関係によって即席のペアもいる中で頑張ったとは思いますが、

気持ち、技術面ともにまだまだですね。

どの学校もスタートしたばかりの新チームで、これからの練習によって

いくらでも変わっていく状況です。まだまだな小津のチームが他校に勝っていく

ためには、今後の練習への意識、質、そして経験を高めていく必要があります。

次の公式戦は、

8月26日(土)の三市一町新人戦(個人) と

9月3日(日)の三市一町新人戦(団体) です。

お盆休みをはさみますが、この試合までにチームとして高められるように、

練習を頑張って行きましょう。

泉北連盟杯[2年生大会]

4日には、泉北連盟杯の2年生大会がありました。

A~Tの20のブロックに分かれてトーナメント戦を行いました。

小津からは6ペアが参加(うち1ペアはオープン参加;初戦のみ参加)。

結果としては、全ペアが初戦を突破し、うち2ペアが各ブロックの決勝まで進みました。

(決勝へいくには3回ほど勝つ必要がある)。

研修大会なので、前日の1年生大会と同じく「勝つよりも自分の力を出す」、

「自分の課題を見つけて持って帰る」といったことを重視させました。

全体としては、実戦経験の不足による試合中・試合前の「気持ち」の部分が

課題でしょうか。また、技術面でも他校の2年生に比べて劣る部分もたくさんあります。

どちらも、これからの試合や練習試合で、実戦を通して鍛えて行く必要がありそうですね。

› more