小津中学校

泉大津市立 小津中学校の公式ホームページです。

TEL.0725-22-6501

大阪府泉大津市助松町2-13-1

ソフトテニス部
ソフトテニス部の記事を表示します。(このページは小津中生徒・保護者限定ページです)

ソフトテニス部 (ログインしてからご覧ください)

春季泉北地区大会【団体】

6月24日(日)、春季泉北地区大会 団体戦のブロック予選がありました。予定されていた前日23日が雨天で延期になっての当日でした。

会場は北池田中学校。

ブロック予選の一位になれば大阪大会への切符を手に入れることができ、また3年生にとっては、近畿大会以上に進める最後のチャンスでした。

朝から小津中学校に集合し、体育館で軽く打ってから出発しました。

天気も良くなり、試合をする頃にはすっかり晴れて試合日和に。

今回は団体戦。前の三市一町の試合で課題になった「団体戦に臨む気持ちの持ち方」を意識してきました。テスト期間中ですが2、3年生を全員連れてきたのもそのため。チームとして戦った結果は…!

 

【結果】

1回戦

小津3-0庭代台

2回戦

小津0-2北池田

残念ながら、2回戦敗退でした。ブロック優勝はそのまま北池田でした。

技術は、持っている球は決して悪くはない。差が出るのは、その正確さであったり、実力が出し切れる心の持ちようであったり。少しの部分なんですよね。でもその「少し」の差は日々の積み重ねであり、ちょっとの努力で抜かせるものではないんです。

3年生は、この「少し」をどこまで高められるか。これが残り1か月の課題です。最後のAB団体まで、しっかり気持ちをもって高めよう!

しかし悔しいなあ。

 

練習試合@山直中学校

6月17日は、岸和田市の山直(やまだい)中学校に練習試合に行かせて頂きました。

山直中学校とは、以前本校ソフトテニス部の顧問だった先生が顧問をされている関係で以前から交流もあり、何度も合同練習や練習試合を組んでいます(山直中学校に行かせて頂くのは今回が初めて)。また、先日まで本校に教育実習に来てくれていた実習生の先生(元小津テニス部のOGです)も駆けつけてくれました。

時間制の団体戦形式で試合を行いました。山直は女子テニス部創設2年目なので2年生までしかいませんが、泉南地区では勢いのあるチームです。小津の3年生は自分に「年下のプレイヤーと戦う」プレッシャーをかけながら試合を進めるようにしました。

来週23日(土)には春季泉北地区大会の団体戦が控えています。3年生にとっては近畿以上につながる最後の試合です。残りの少ない練習時間も意識高く無駄なく使っていきましょう。

槇尾中学校交流戦「槇中杯」

和泉市の槇尾中学校で定期的に行われている他地区も含む交流戦、「槇中杯」に参加してきました。2,3年生でA、Bの2チームに分かれての参加です。会場は関トラスタジアム及び槇尾中学校。

今月末に控える泉北地区大会に向けて、ペアを入れ替えつついろいろなペアを試しながら試合に臨みました。

Aチームは午前中に予選リーグ、午後に決勝トーナメントの形式。Bチームは時間制のリーグ戦形式でした。

練習試合・交流戦ですので、結果はおまけだと考えていますがせっかくですので掲載しておきます。

【Bチーム結果】

小津B 2-1 北池田C

小津B 3-0 東陽C

小津B 3-0 郷荘B

小津B 1-2 郷荘C

小津B 3-0 郷荘C

Bチームをあまり見れていないのですが(近くの別会場のため)、休憩時間も少ない中、連戦でもよく頑張ったと思います。試合の中でどれだけイメージ通りのプレーができたか、ですね。

【Aチーム結果】

<AM予選リーグ>

小津A 2-0 西陵A

小津A 0-3 郷荘A

西陵は茨木市の中学校で女子ソフトテニス部は設立2年目なので2年生チームですが、かなり上手でした。郷荘中学校は3年生が修学旅行中なので2年生チーム…なのですが小津はミスが多く、郷荘の2年生も上手だったのもありますが0-3で大敗。結果はおまけとは言いましたが、明らかに精神的課題も抱えていますね。反省点多し。そんなわけで周りは2年生チームの中で3位通過。

<PM決勝トーナメント>

小津A 2-0 東陽A

小津A 2-0 宮山台A

小津A 2-1 北池田A

小津A 時間切 西陵A

パッと見は圧勝しているのですが、東陽は修学旅行の翌日、宮山台は負傷や体調不良で数名欠番、北池田は別試合で主力が不在で実質のBチームであったことを述べておきます。ですので、本当に結果はおまけで試合内容をそれぞれがよく反省することが大切です。前回の三市一町のときと同じく、精神的な課題はまだまだありますね。リードしていても勝ち切れない、大事なゲームをすぐ落とす、サーブやレシーブといった基本的なミス、そして試合に臨む2人の雰囲気…。課題はまだまだたくさんです。それを試合当日までにどれだけ意識できるか克服できるか、もうそれのみです。しんどいことから逃げずに、声出しなど最も基本的なことをまず大事にしながら、この6月を戦いましょう。

 

三市一町春季大会【団体戦】

5月4日、三市一町春季大会の団体戦がありました。

各校A、Bチーム出場で、小津もほとんどの選手が出場しました。会場は和泉中学校。

次回の泉北春季大会へは各校1チームずつ出場できるのですが、そのときのシードは本大会の戦績で決まります。つまり、三市一町で良い成績を残せば、対戦表で有利な場所から泉北大会をスタートできるわけです。個人戦で良い結果を出せてきた今だからこそ、勝ちに行きたい試合です。1番手ペアは前日に羽衣杯に出場しているので、試合の入り方もバッチリなはず。他のメンバーも学校での練習はなかなか良い感じでした。これは、良い戦いが出来るのではないだろうか。

結果は・・・!

 

残念なことに、結果はA、Bの両チームとも1回戦敗退でした。orz

Bチームは郷荘のBチームと対戦、1戦目は小津の2年と3年の混合ペアが健闘し勝ってきましたが、続く2戦目3戦目で負けてしまいました。緊張でしょうか、普段しないようなミスが重なることが多かった。やはりメンタル的課題が残ります。

×小津B1-2郷荘B○

Aチームは、高石Bを破り勝ち上がってきた北池田Bと対戦、先に1試合している分、北池田Bの選手の方が動ける体になってはいますが、小津Aの選手もアップをしっかり行い備えていました。しかし…。1番手ペアは勝ったものの、2、3番手ペアはどちらもファイナルゲームまでいって競り負ける結果に。勝った1番手ペアも試合の「入り」にはやはり課題、残りのペアもリードしていて逆転されるパターンだったのでやはり精神的な部分の課題は多いようです。

×小津A1-2北池田B○

勝負なので、勝ち負けはしかたありません。他校のBチームに及ばない、まだまだ弱かったということです。残念だったのは試合をしているときの応援です。今回の試合、団体戦だったのにも関わらず、応援が良くなかった場面がありました。団体戦で、です。主に2年生でしたが、それが気にならない3年生も良くありません。団体戦は試合を行っているプレーヤーだけでなく、「試合を待っているプレーヤーの応援」、「控えに入っている選手の応援」、「小津のテニス部全員の応援」を含めて団体戦です。それが出来ていないのに勝てるはずはない。勝っても相手に失礼です。生徒朝礼で団体戦の表彰をされるときのみ、テニス部全員で前に出られることの意味をもっと感じるべきでしたね。

前述の通り、次回の泉北大会に出られなくなったわけではありません。強いところと初戦にあたる可能性が高いだけのこと。大阪大会への道はまだあります。ですが、そのつもりなら体力や技術面の向上はもちろん、応援も質の高い、何より心から自分たちを応援する姿を見せる必要があります。大きい声とか、横一列に綺麗に並んでとかそんなんは当然のこと、「ホンマに心から」応援しましょう。それが伝われば、プレーヤーの力は何倍にもなります。それが、本当の応援です。

近畿以上の上の大会につながる最後のチャンスになります。本当に、悔いの残らないよう練習・行動・心構えをしていきましょう。

 

追記:次回の泉北大会の日程が決まりました。6月23日(土)、会場は北池田中学校です。(予備日6月24日(日))

羽衣学園杯

5月3日、羽衣学園杯に出場してきました。

会場は羽衣学園テニスコート、小津からは1番手の1ペアのみ出場。後のメンバーは明日の三市一町に備えて学校にて練習です。

羽衣学園杯は、午前中に3ペアによる予選リーグ、午後に予選をふまえた決勝トーナメントと分かれています。

午前・予選トーナメントでは、東住吉のペアに3-1で勝利、

八田荘のペアに3-0で勝利し、1、2位トーナメントに進出。

午後・決勝トーナメントでは、

登美丘のペアに4-1、

東我孫子のペアに4-1、

一丘のペアに4-3、

鳥取東のペアに4-2で勝利し、決勝に進みましたが、登美丘のペアに3-4で敗退し準優勝でした。

今回の試合では、普段戦うことの少ない学校と対戦でき、また2人とも最後まで心折れることなく戦うことができ、良い経験を積めたと思っています。前衛の子はナイスフォローな場面が多かったり、ミスもしながらも最後まで大きな声を出して前向きな姿勢を貫けました。後衛の子は、そんな前衛のミスがありながらも心折れることなく強気に攻めにいくことができました。冬の大会に比べて、大きな進歩ですね。

次は明日、三市一町の団体戦です。泉北大会で勝つために、是非とも勝っておきたい試合。前回記したとおり、本当に勝ちたいのはチームで戦うこの団体戦です。プレーも、応援も、それ以外のさまざまなことも、悔いのないよう全力・最善を尽くしましょう!

 

忠岡連盟杯

4月30日、忠岡町ソフトテニス連盟主催の「忠岡連盟杯」に出場してきました。

会場は新浜テニスコート、トーナメント式の個人戦です。

小津からは5ペアが参戦しました。前回の忠岡連盟杯(秋季)で1番手ペアが優勝しているので、優勝杯返還から始まりました。各ペアは、自分たちの戦う方針を頭に入れながら、優勝連覇を目指します。

 

結果、1番手ペアが見事優勝を果たしました!初戦や2回戦のスタート(試合始めの戦い方)に課題がありますが、終盤、準決勝や決勝で自分たちのテニスになってきましたね。リードして勝ちきる、も終盤では出来ていました。よく頑張ったね。

まだ3日に羽衣学園杯がありますが、気になるのは団体戦をいかに戦うか、です。

ここ数回の個人戦でペアとしての結果は出していますが、チームとしての課題は多い。方針を立てて戦っているか、悔いのないアップをしてから臨んでいるか、試合前・試合中の精神的な部分、そして大きな声で思い切り試合が出来ているか。個人的には出来ている人もいると思いますが、チームとしては全然足りません。残り少ない練習を、意識やイメージをしっかりもって、悔いのない最高の試合が出来るよう、チーム全員で励むこと。

ただ、試合中の「応援」に関しては、大会を重ねるごとに良い雰囲気で出来るようになってきました。試合でコートに立つ人間が一生懸命に戦うのは当然ですが、後ろで応援する「チーム」がどれだけ熱く、自分のこととして声援を送れるか。団体戦を勝つための大きなポイントです。この調子で、応援で他に負けないチームも目指しましょう。

 

春季泉北大会(個人戦)

4月28日(土)、春季泉北地区大会(個人)に参加してきました。

会場は金岡公園テニスコート、小津からは5ペアが参戦しました。

 

この試合は大阪大会への出場権がかかっており(上位9ペア)、

3年生にとっては、個人戦で近畿以上につながる公式戦はこれで最後になります。

ペアでの方針立て、試合前のアップ、試合に向かう気持ち、試合中の声…

…ここまでいろいろなことを言ってきました。各ペアが、いろいろ考えて試合に臨んでくれたと思います。

 

結果は。

1番手ペアが、ベスト8入りを果たし、大阪大会への出場権を手にしました!!

おめでとう!

小津としては、大阪大会進出は実に3年ぶりになります。

 

嬉しいことですが、大事なのは上の大会に行って何が出来るか、です。出場で満足してしまえば、それ以上の結果が出ることはないでしょう。言うなれば、これは「始まり」です。大阪の舞台で何をして、どう勝つか。イメージして、考えて、意識高い練習をしましょう。

同時に、それにふさわしいプレーヤー、チームであろうとしよう(最近、大きな「返事」が出来るように意識し始めましたね)。

 

そして、大切なことですが本当に大阪へ出場したいのは団体戦。チームとして上の大会に出場したい。その前哨戦となる春季三市一町(団体戦)が5月4日に控えています。まずはここを目指して、しっかり練習に取り組みましょう。

 

また、明日は忠岡連盟杯もあります。優勝杯の返還がありますが、再び持って帰れるよう、良い戦いをしましょう。

フレンドシップ大会

4月1日、泉南地区で開催されているフレンドシップ大会(団体戦)に参加してきました。

(主催:尾崎中学校、会場:りんくう中央公園テニスコート)

泉南地区の尾崎中学校(男子)、山直中学校、佐野中学校、久米田中学校、鳥取東中学校、貝掛中学校、田尻中学校のほか、泉北地区からは東陽中学校、和泉中学校、郷荘中学校、そして小津中学校が参戦しました。

前半はリーグ予選、後半は予選の結果から1位リーグ、2位トーナメント、3位トーナメントと分かれての試合。小津は貝掛と佐野Bに勝ち1位リーグへ参加。

【団体戦結果】

●予選リーグ(2勝0敗)

小津3-0佐野B

小津2-1貝掛

●1位リーグ(2勝2敗)

小津2-1尾崎B

小津1-2郷荘

小津2-1和泉A

小津1-2東陽A

優勝は3勝した東陽Aチーム、小津を含む3校(尾崎B、和泉)が2勝で同着でしたが、対戦結果の関係で小津が準優勝でした。

また、後半の部で急きょ小津Bチームを参加させて頂くことができ、3位トーナメントで準優勝と善戦しました。

結果を見ると、「準優勝」を頂けたのですが、今回も課題の多い大会となりました。特に精神面での課題が多かった。プレッシャーに弱いんですよね。対戦相手、ゲームの流れ、後ろからの声援やアドバイス、試合中ではいろいろなものがプレッシャーになり得ます。中でも、「自分たちがリードしている」ときが弱い。そのポイントを取らなければというプレッシャー、先攻しているという油断、ミスしたくないがゆえの消極的なプレー、これらですね。

まあ、良く見ればゲームの入り方が良くなった(先にリードできるようになった)からこその課題とも言えます。これらの課題を意識しながら練習に取り組み、新3年生が最後の試合で咲くことができるよう、頑張りましょう。そしてしんどいときこそ、声を出そう。

三市一町春季大会(個人)

三市一町の春季大会、個人の部がありました。会場は和泉中学校。

小津は7ペアが参加しました。結果の方は…

1ペアがベスト8、その他は初戦及び2回戦負けでした。ここしばらく、勝てるようになってきただけに、芳しくはない結果ですね。そして、試合の内容も決して良いとは言えない。

ミーティングで話した通り、結果もそうですが、試合当日を迎えるまでのチームの雰囲気作りがどうであったか。

試合を意識して練習・行動ができたか、です。声出しひとつにしても、試合前にも関わらず、ずっと言われ続けていました。他の学校も同じような時間で同じように練習しているのですから、どこで差がつくのか、考えるべきです。

今回は個人戦。幸いなことに、団体戦がまだ残っています。ここで結果を出せるよう、1、2年生ともに頑張っていきましょう。

 

南河内・泉北地区選抜練習試合

臨海スポーツセンターにて、南河内・泉北地区選抜練習試合が行われました。

泉北地区の選抜選手と、南河内の選抜選手の交流試合です。

小津は本来、泉北選抜には含まれていませんが、欠員補充の形で1ペアを参加

させていただきました。

正直、泉北選抜と南河内の選抜を比べると向こうの方が全体的に上手です。

なので、普段できない相手と、普段と違う空気で試合をすることができました。

3ゲームマッチの、通常より短い試合形式でしたが、南河内の選手とたくさん

試合ができました。実力も出せていたようすで、善戦していました。

得られたものも多かったはず。

出場した2人も頑張りましたが、見学のみで1日頑張ったその他のメンバーも

お疲れ様。途中で集中切れてしまった人もいましたが、思いの外、頑張った。

提出した「報告シート」も、チーム内で共有できるようにしよう。

報告シートにはいろいろ書いてありましたが、最終的には

★日々の練習への取り組み方(自信&後悔しない前向きな気持ちがもてる)

★実力を発揮するための努力(ウォーミングアップ、気持ちの持ち方)

★声・礼儀・感謝の気持ち(実力に関わらず持つべきもの、選抜に来るような子

はみんな出来ていましたね)

これらに行き着くはずです。

チームとして強くなれるように!意識の高い集団であれ!

› more